スポンサードリンク

ウィキペディア (Wikipedia)は、未成熟で、所詮、グーグルのコンテンツの一部にしか過ぎない。

ウィキペディア (Wikipedia)での検索は、まだまだ、不完全で、登録語数、その意味においても、信頼性に欠けるところがあるし、やはり、他の大手検索サイトのコンテンツの一部にしか過ぎない。
ちなみに、”ブロガー”について調べてみると、ブロガー(blogger、ブロッガー、Weblogger)とは、一般的にブログを更新している人のことを指す。ブログ(blog)をする人(er)という意味からブロガー(blogger)という言葉になった。今のところ、職業として「ブロガー」を名乗る人たちはまだ現れていない。とある。
どうやら、ブロガーは、職業としては、成り立たない。という見解のようだ。反論のある方は、ウィキペディア (Wikipedia)にブロガーのキーワードで検索をし、編集をしてみよう。
ウィキペディアを閲覧していると、画面右上、あるいは「個人用ツール」と書かれた下にログインまたはアカウント作成と書かれたリンクを目にします。これを選択すると、新しくアカウントを取得することができます。すでにアカウントをもっている場合にはログインすることができます。

アカウントを取得してログインすると、ページのデザインを自分用に選んだり、興味のあるページの更新の状況を通知してくれるウォッチリストが使えたり、ウィキペディアを読む際に便利な機能が使えます。また、執筆する際には自らのユーザーネームが残る、記事の移動、画像の投稿などの機能を使うことができる等の利点があります。本格的な執筆をなさる場合には、アカウントを取得することをお勧めします。

アカウントの取得・ログインに費用はかかりません。ただしクッキーが使用できるブラウザが必要です。

アカウントの作成やログインについて疑問点があればノートでお尋ね下さい。
記事を投稿・加筆するとあなたの利用者名が残ります。他の利用者は、あなたの利用者名を通じてあなたを知ることができます。IPアドレスは場所によって、あるいは接続状態によって変化したりするので、それが確実に一人の人物であるとは他の人には分かりませんし、何より数字の羅列は他の利用者の記憶に残りにくくなります。利用者名があれば、記事が変更されたとき、それが誰によるものかが容易に分かります。アカウントがあれば、自らの利用者ページ(マイページ)を持つことができるので、そこにちょっとした自己紹介を書いたり、自分の利用者名の会話ページで他の人と会話をすることができます。あなたの投稿に興味を持った他の参加者からの賞賛を受けたり、アドバイスを受けたりといったことができるようになるのです。

オイシイ金儲けあります。キーワードは、”ブロガー募集”で検索GO!!

ブログのネタにお困りの方、お金をもらって、ブログを書こう。”ブロガー募集”で、検索すると、あるわ、あるわ、へたな、リードメールより、数百倍稼げるぞ。とにかく、Googleで検索してみてください。企業としては、被リンクを稼げるし、宣伝もしてくれる。おかげで、検索順位も、上がる。といいことずくめ。ブロガーも、苦労して、アフィリイエイトで、稼ぐより、確実に収益が見込めるというwinwinの関係なのだ。この流れは、今後、加速すると思う。なによりも、企業としては、検索順位を短期間に上げることが出来るのだ。ちなみに、当方は、この件に関して、特定企業と、なんのメリットも、しがらみもありません。他のお金儲け情報と違って、競合するとか、早いもの勝ということがないので、じっくり取り組めるでしょう。

お金儲けは、究極の確率論だ。

お金儲けには、段階があるというのはいうまでもなく、資金のある、なし。資金の大小によって、状況が違ってくる。資金のまったくないものには、やることは、限られてくる。すばらしいアイディアか、頭脳労働、肉体を、酷使して、汗を、かくしかない。とにかくお金がないから、短期に確実に収入がなければならない。株式のトレーディングをしたくても、種銭が、ないのだ。よく、詐欺で騙される方がいる。恐らく、苦労して、得たお金じゃないのだろう。最初から、大金を持つと、大概は、運用の仕方は知っていても、慎重さに欠けるから、失敗してしまう。西武も、カネボウも、雪印も、不二家も、そうだ。これから、団塊の世代が、持ったこともない退職金を抱えて、資金の運用や、詐欺に騙されまくりと、小生の占いに出ておる。小生は、お金がないから、その点は、大丈夫だ。

ここだけの話、メール受信系お小遣いサイトは、儲からない。

儲かりもしないリードメールを、儲かるように宣伝しまくるのは、儲からないといったら、ダウンが、つかないからです。永遠に”儲かる””儲ける””儲かった”と、ある種のキーワードを連発し、自己暗示とともに、宣伝しまくり、日々1円以下のシモ何桁を、クリックし続けるはめになるのです。いかに、1円、10円を稼ぐのが、大変か。100円を稼ぐのに何日かかるのか。これは、事実です。シモ何桁に、悪銭苦戦するよりも、シモネタで悪銭苦銭したほうが、早そうだ。儲けてもいないのに、偽造通帳作成や、虚偽の収入報告をしなければなくなり、しまいには、モウロウとした中で、ぶつぶつと、”私は、儲かる。私は、儲かる”と、暗示をかけている、自分の姿が、目に浮かぶのです。競馬新聞と、株式新聞は、いいことずくめの記事で満載です。何度、高値をつかまされたことか。うまい話には裏がある。私自身、本当に儲かる方法もあるけど、それは、教えたくありません。せっかく見つけた、儲かる手法を、みすみす、教える人など、いるわけないのです。

ネットの金儲けは、ウサン臭い、インチキっぽいものほど、儲かる?

本来の趣旨とは、方向性が、違ってきたけど、私の場合は、いつも、タイトルにだまされてしまう。よくも、こんな内容とは、かけはなれた、タイトルを考えるのかと思う。正直にまともな、タイトルだと、確かに、お客さんは、来てくれないのかと思う。ネットビジネスなら、多少は許せるが、明らかに、そうでないタイトルのものもたくさんあるので、許しがたいところがあるのだ。なぜ、はっきりいえないかというと、検索ロボットのキーワードに引っかかるから言えないのです。検索ロボットは、融通がきかないので、前後の関係を判断せず、そういった説明をしようとした、禁止用語や単語そのものに、反応するのです。臭いものには、ふたをしろといいますが、言いたいことも言えない、検索ロボットに監視されているネット社会もおかしなものです。不正を正そうと使った、言葉が、不正になるのですから。

アフィリエイトの商材は、儲けるためではなく、単なる記事(ネタ)です。

毎日、ブログを継続しようとすると、ネタに困ってしまう。そこで、ブログによっては、共通のテーマを持ち出して、意見を出し合うという寸法だ。それも面倒な場合は、アフィリエイトの記事を添付する。はじめから、アフィリエイトで、儲ける気などないし、儲けること自体が、きわめて難しいわけで、それだったら、ネタとして、利用した方がよい。そのほうが、気が、楽だし、ネタに苦労しなくても、無限にネタもとはある。たまに、自分のことも、載せればよいし、気楽にいきましょう。そもそも、あなたの記事を見る人など、ほとんど、いないのだから。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。